月別アーカイブ: 2012年5月

高血圧は放置すべきではない

生活習慣病として知られる高血圧は、この頃だとメタボリックシンドロームという呼び方もされますので、ご存知の方が多いでしょう。
高血圧とは、血圧が高い状態を普段からしていることを指します。
高血圧の数値に関してですが、心臓が拡張している時の血圧が90mmHgを超えているか収縮している時の血圧が140mmHgを超えている場合であり、各数値が高いほど危険な状態と言えます。
それから、高血圧の場合でも自分で気付く痛みなどは何もないものですが、血圧が激しく上がってしまうと合併症が生じます。
血管の壁というは柔軟性があるものですが、血圧が上がることによって血管壁の厚みが増し硬い状態となり、動脈硬化になってしまう場合があります。
続きを読む