高血圧は放置すべきではない

生活習慣病として知られる高血圧は、この頃だとメタボリックシンドロームという呼び方もされますので、ご存知の方が多いでしょう。
高血圧とは、血圧が高い状態を普段からしていることを指します。
高血圧の数値に関してですが、心臓が拡張している時の血圧が90mmHgを超えているか収縮している時の血圧が140mmHgを超えている場合であり、各数値が高いほど危険な状態と言えます。
それから、高血圧の場合でも自分で気付く痛みなどは何もないものですが、血圧が激しく上がってしまうと合併症が生じます。
血管の壁というは柔軟性があるものですが、血圧が上がることによって血管壁の厚みが増し硬い状態となり、動脈硬化になってしまう場合があります。

動脈硬化が引き起こされればさらに血圧が上昇するというような悪い流れができてしまうので、合併症にかかりやすくなってしまうのです。
高血圧が原因で起きる合併症には、心筋梗塞や脳卒中をはじめとした命に関わるものがいくつも含まれており、高血圧が沈黙の殺人者であると言われるのはそれ故です。
高血圧になる直接の原因は解明しきれていませんが、遺伝によるもの、また飲酒や喫煙、ストレス、さらに塩分や脂肪の摂りすぎなどいくつかの原因で生じるという考えもあります。
血圧は一日中同じではなく、いつも決まった時間に測定を行い自分の血圧がだいたいどのくらいであるのか割り出すことが正しい血圧測定方法と言えます。
それ以外にも、いつもは正常な数値が測定されるのに病院に行ったときだけ高血圧となる人もおり、それを白衣高血圧と呼び、その反対に病院では異常がないのに家では高い数値になることを仮面高血圧と呼びます。
これらの場合は、いつも決まった時間に家で血圧測定をし、血圧の平均値を明らかにしましょう。
また、高血圧の状態がずっと続いている時は、内科を受診し、ふさわしい治療が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)