誰にでも嫌な思い出の一つや二つはある

長く生きていると、嬉しい事以外にも嫌な事、辛い事の一つや二つは必ずあるものですよね?

 

もしかしたら、嬉しい事よりも嫌な事の方が多いのかも知れません。

 

そう言った事を乗り越えて人間は成長するのでしょうけど、私も確かに周りに助けられて、そう言った事を乗り越えてきた事があったなといまあらためて振り返ると思う事があります。

 

でも、そう言った記憶との付き合い方を誤ると、人によっては鬱になる事もある様で注意が必要だと言われました。

 

人はいろんなタイプがいるので必ずしもと言う訳では無い様ですが、それでもいくつかの「嫌な思い出」とのNGな付き合い方と言うのがある様です。

 

中でも、その嫌な記憶、思い出を無理矢理抑え込もうとする事はかえってその記憶を鮮明に呼び覚まし、余計な心理的負担が掛かるケースもある様なんです。

 

ただ、きっとそうやってしまっている人は多いんじゃないでしょうか?

 

私はどっちかって言うと記憶から消えてなくなると言うタイプなのでそこまでの事はした事が無いのですが、友人には性格的にそう言ったタイプの子がいるので、私も注意して接していこうと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)